オススメの不動産投資|不動産投資で夢を買おう|一攫千金を目指して
見学

不動産投資で夢を買おう|一攫千金を目指して

オススメの不動産投資

電卓

知っておきたい情報

これから不動産投資をして収益を上げていきたいと考えているならば、投資用マンションを購入することをオススメします。ただ、購入前に事前に知っておきたい情報があります。それは、収益に関わる利回りについてきちんと知っておくことです。投資用マンションで利回り10%以上という広告を見かけることがありますが、投資用マンションで利回り10%以上を出すというのは、とても難しいという現実を知っておきたいです。また、広告の利回りには表面利回りで掲載されていることがありますので、実質利回りで考えることが大切です。投資用マンションで収益を上げるには、実質利回りがどのくらいあるのかということを一番に考えることが成功する秘訣となります。広告の利回りが表面利回り10%と明記されていても、実質利回りはランニングコストを差し引いた実質利回りは下がりますので、できるだけ実質利回りが高い投資用マンションを購入するようにします。そうすれば、より収益を見込めます。

中古物件の購入の注意点

投資用マンションを中古物件で購入する場合には、注意しておきたいことがあります。中古のマンションというのは、担保力が弱いため金融機関で融資をしてもらう際に融資額が低くなります。それは、中古マンションの物件の評価価格がだいたい7割程度になることが多くなることが理由で、金融機関からの全額融資は難しくなり、ある程度の自己資金を用意しておくことが必要になってきます。また、中古物件の投資用マンションを購入する際に気を付けておくことは、耐震性や耐久性が高い建物を選ぶようにします。耐震性や耐久性が強ければ自然災害が起きても耐えられますので、それだけ入居者も安心します。日本においては、1981年に新耐震基準が実施されていることからそれ以降の建物に関しては新耐震基準の条件に満たしていますので、購入するならば新耐震基準の建物を購入することです。