空き家対策の方法|不動産投資で夢を買おう|一攫千金を目指して
見学

不動産投資で夢を買おう|一攫千金を目指して

空き家対策の方法

マンション

空き家を上手に貸す方法

リロケーションとは、転勤などで留守宅が出来てしまった時、その住宅を貸し出すことです。空き家にした時と比べると、家賃収入があり、空き家の管理も任すことが出来るメリットがあります。木造の住宅は、空き家などにしてしまうと、湿気などから構造的なダメージを受けることになり、住宅そのものが傷みやすくなってしまいます。ですが借り主は、自身の住宅でないため、綺麗に保つ意識は、所有者より薄くなってしまいがちです。そのため、契約時には原状回復等の費用などを、明確にしておく必要があるでしょう。また、リロケーションをせず空き家にしておくと、いつでも戻ることが出来ますが、貸し出しをしていると契約途中に戻る事は出来ないことを確認しておくことも大切です。

借家に貸し出す時

かつては、一度貸し出しをしてしまうと、明け渡しをしてもらえる保証がない時代がありました。そのため、このリロケーションは、なかなか進展することがありませんでした。しかし、1992年の借地借家法で、期限付借家権が設定されました。また2000年には、定期借家権が導入されたことで、期限付きで自宅を貸し出すことが出来るようになりました。そのため借りる時に5年と言う定期借家を契約した時には、その後の更新はないことになります。リロケーションの契約が終わると、持ち主と借り主との合意をもっての再契約しか出来ません。そのため借り主は、自動的に退去することになります。また、普通の借家契約よりも、賃貸料が安くなると言われています。その割合は、1割から3割程度となっているようです。