連帯保証人に代わる保証|不動産投資で夢を買おう|一攫千金を目指して
見学

不動産投資で夢を買おう|一攫千金を目指して

連帯保証人に代わる保証

住宅

制度の利用も検討する

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りるとき、一般には親子や親族等を連帯保証人を頼むのが一般的です。しかし、最近は生活の個人志向の高まりや家族関係の希薄化等により、肉親であっても保証人に頼みたくない又は頼めないというケースも多くなっています。そのため、だんだんとこれを代行する保証専門の会社や信販会社等が借主の連帯保証人に近い役割を果たす家賃債務保証のシステムが確立してきました。一般的に、家賃債務保証は通常2年間の契約で月額家賃の30%から70%ですが、保証会社や家借主の信用によって保証費も変動します。しかし、高齢者や障害者世帯、子育て世帯、外国人世帯、解雇等による住居退去者世帯などでは「家賃債務保証制度」がありますので、これを利用すると2年間で月額家賃の35%で保証を受けられます。

不動産事業者の選択も重要

また、これはマンションを経営しているオーナーが利用できる保証制度でもあります。たとえば、この保証制度では経営物件のなかに家賃滞納者が発生した場合、滞納した金額分を家賃債務保証として保証会社がオーナーに支払ってくれます。これによって、オーナーは生活に支障をきたすことがないので、安心して経営を続けることができます。保証会社によっては滞納の発生から数日以内でスピード入金してくれるので、このような会社に頼めばより経営が安定します。さらに保証範囲も広く、賃貸物件以外でも駐車場やトランクルームなども対象になります。そのため、これらの経営をしている方も保証会社に依頼できるのです。